特別賞 受賞媒体

【特別賞】
審査委員会において、何等かの点で授賞にふさわしいと判断された媒体に与えられる賞です。 ※該当媒体なしの場合もあります。
  • 大賞
  • 観光庁長官賞
  • グルメコンテンツ部門賞
  • ライフスタイルコンテンツ部門賞
  • コミュニティ部門賞
  • ビジネスモデル部門賞
  • 読者投票部門賞
  • 企
  • 新創刊部門賞
  • 海外部門賞
  • タブロイド部門賞
  • タウン誌部門賞
  • まるごとにっぽん賞
  • 特別賞


ナッセ熊本

ナッセは九州3政令指令都市の「福岡」「北九州」「熊本」をフィールドに社会人のワクドキを応援するライフコーディネートマガジン。地域に愛され23年、オフィス登録12,500社突破の熊本版は、グルメ、ビューティー、旅・レジャー、ライフなど様々なジャンルの情報をお届けする企業登録制の無料月刊情報誌です。媒体の発行以外にもWEBサイト『ナッセ★ナビ』の運営や読者参加型イベント、社会人の『部活動』もスタート、イメージキャラクター『ワクドキリン』も絶賛稼働中です!〜平成28年4月に熊本を襲った大地震。いつも通り通常号発行直前のことでした。23年続けてきた発行を途絶えさせてはならない。少しだけ発行は遅れたものの、編集内容を急遽変更した5月号特別号は、編集部にも読者の皆さまにとっても記憶に残るものになったと思います。スローガンは『復活へ。ナッセは被災者・復興支援者を応援します。』笑顔と元気を伝えるために、これからも熊本に根ざした媒体であり続けたいと願っています。

審査コメント

今年の4月14日に発生した「熊本地震」。その熊本で発行している『ナッセ熊本』編集部は「復活へ」というタイトルの特別号を企画し、この号でアワードに参加いただきました。
表紙を開いた、表2・表2対向の見開きページには、自らが被災しているにもかかわらず、被災された皆さんに送る心強い応援メッセージと、「地元密着のメディアとしてより役に立つ情報を発信していきます」という決意が述べられています。毎号たくさんのお店を紹介している『ナッセ熊本』編集部だからこそできる、「くまもと飲食店情報 元気に『営業』してます!!」もフリーペーパーならではの特集です。どんな状況でも仲間と集まって、おいしいものを食べ、飲みにケーションを図ることは元気の源ですよね。
また、「熊本人は、強い。」というコーナーでは被災地でボランティア活動をしている方を中心に、支えあう県民の皆さんのたくさんの笑顔が紹介されており、パワーにあふれた誌面となっていました。編集部の皆さんからの「情報は、水や食料と同じく大切なライフライン」というメッセージに地元を愛して支えるという、メディア人としての誇りを感じました。この媒体を読んで、元気になった方がたくさんいらっしゃることでしょう。敬意を表して特別賞をお送りいたします。


受賞の喜びの声

2016年熊本地震において全国より多くの方々からのご支援、励ましのお声をいただきましたこと、この場をお借りしまして厚くお礼を申し上げます。またこの度、私どものナッセを手に取りご一読していただき、このような素晴らしい賞をいただいたことを大変嬉しく思っております。そしてこの賞は全国の皆さまからのエールとして“熊本全体”にいただいたものであると感じております。ナッセ熊本は創刊から23年、この度の地震により発行が危ぶまれましたが、協力会社さま、クライアントさま、熊本の読者の皆さま、そして全国の皆さまの支えにより発行を続けることができております。熊本に暮らし、熊本で働き、熊本で生きる皆さまと共にある媒体なのだと、あらためて気づかされました。『情報は、水や食料と同じく大切なライフライン』という誇りを持ち、微力ではありますがこれからも熊本へ恩返しができるよう、尽力してまいります。

【編集長 森下文】