協会ニュース|一般社団法人日本地域情報振興協会[NiCoA]

協会ニュース

日本タウン誌・フリーペーパー大賞2014の開催概要を発表しました。

今年も「日本タウン誌・フリーペーパー大賞」(昨年は「日本フリーペーパー大賞」の名称にて開催)の季節がやってまいりました。

第3回開催となった昨年は、全国各地から121誌のタウン誌・フリーペーパーがエントリーをし、誌面のクオリティや地域経済への貢献度など、多角的に競いました。一般読者の支持を問う投票部門は投票総数が3万票を超える盛り上がりをみせ、FMラジオや地方テレビ局に取り上げられたほか、各地の新聞などへの露出も多数あり、年々反響が大きくなってきています。

昨年に引き続き、経済産業省、観光庁の後援をいただくことが早くも内定しており、例年以上の盛り上がりが期待される本件アワードの開催概要を発表いたします。


◆イベント名称:日本タウン誌・フリーペーパー大賞2014

【内容】
全国各地のタウン誌、地域密着型フリーペーパーに参加エントリーを募り、エントリー媒体を誌面クオリティや読者の支持率など、多彩な視点から審査。評価の高い媒体を選定して表彰するイベント
【目的】
全国各地のタウン誌、地域密着型のフリーペーパーの実績や活動、地域経済活性化に貢献している存在価値を広く知らしめ、その功績を称えると同時に、タウン誌やフリーペーパーの魅力再発見、ひいては地域の魅力再発見、地域経済活性化につなげていくこと
【参加エントリー対象】
有料、無料を問わず、地域情報、コミュニティ情報を定期的(年間3回以上)に
配信している紙媒体

【スケジュール】参加エントリー募集7月~9月末
一次審査・読者投票:10月~11月中旬
二次審査:11月下旬
エントリー媒体展示会:12月1日~7日(NHKふれあいホール/東京渋谷)
授賞媒体発表・授賞式:12月6日(国立科学博物館/東京上野)

【表彰部門】※有料誌部門、フリペ部門に分けて審査します。
◎大賞:全エントリー媒体のなかから最も優れた媒体を表彰
◎グルメコンテンツ部門賞:地域密着のグルメ情報のクオリティが高い媒体を表彰
◎ライフスタイルコンテンツ部門賞:その地域ならでは生活情報のクオリティが高い媒体を表彰
◎レジャー・観光コンテンツ部門賞:地域の見どころ情報のクオリティが高い媒体を表彰
◎コミュニティ部門賞:趣味等同じ志向をもつ仲間同士の情報交換に役立つクオリティが高い媒体を表彰
◎ビジネスモデル部門賞:広告以外の収益モデルが優れた媒体を表彰
◎読者投票部門賞:読者投票で選ばれた媒体を表彰
◎新創刊部門賞:創刊2年以内の媒体のうち、誌面構成の優れた媒体を表彰

【特別審査員】
◎菊地実氏/株式会社メディア開発綜研代表取締役会長
◎坂井滋和氏/早稲田大学理工学部表現工学科教授
◎富川淳子氏/跡見学園女子大学文学部現代文化表現学科教授
◎斎川昭雄氏/公益社団法人日本観光振興協会部長


◆主催:一般社団法人日本地域情報振興協会
【実行委員長】藤丸順子(一般社団法人日本地域情報振興協会専務理事)
【所在地】〒150-0031東京都渋谷区桜丘町15-14
【HP】http://nicoanet.jp/

※本リリースに掲載されている内容は、6月24日現在の情報です。

<昨年の実績など、本件に関するお問合せ先はこちら>
一般社団法人日本地域情報振興協会
事務局広報担当
TEL:03-6906-6870 E-mail:info@nicoanet.jp

<賛助会員(50 音順)>